復興の灯火プロジェクト

About us復興の灯火プロジェクトとは

復興の想いを
紡ぐ繋げる

「復興の灯火プロジェクト」は、2019年に音楽グループGReeeeNが郡山市フロンティア大使に就任したことを契機に、復興を祈念するイベントとして郡山市で開催されました。郡山駅西口駅前広場の会場には、GReeeeNのメンバー一人ひとりが郡山市の海老根伝統手漉き和紙に直筆のメッセージを寄せて制作された大きな灯ろうのほか、小学生たちの作品が並べられました。

2020年3月は、海老根伝統手漉き和紙の活動に関わっていた郡山女子大学短期大学部 地域創成学科のプロジェクトチームがこの事業を引き継いで、郡山市と連携を図りながら取り組むこととなりました。新型コロナウィルスの影響もあり当初の企画を縮小して実施しましたが、復興への想いを形にすることができました。

2021年3月11日で震災後10年を迎えます。節目の年ではありますが、復興はまだまだ途上であり、被災地域では多くの方々が復興に向けた取り組みを行っているところです。

そのような中で私たちに何ができるかを考え、プロジェクトの位置づけを捉え直し、次世代に向けた取り組みとして、「震災の記憶」と「地域の文化の継承」をテーマに今年度は開催します。

プロジェクトを通して、関係の皆様にご協力をいただきながら地域の発展に寄与できる活動としたいと考えております。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

私たちが連携して取り組んでいます